園子先生のひとり言

2016.01.01更新

幼い頃、私や兄が困ったり悩んだりして
弱音を吐いているとsweat01
父は、いつもおどけた口調でこう言いました。

「その頭は何のためについてるんだ?
シャッポかぶるためじゃないんだぞ。
使うためにあるんだぞsmile

シャッポって帽子のことですcoldsweats01

その響きが面白くて、笑っているうちに
ふと、
いいアイディアが浮かんだりしたものでした。

一生懸命考えれば、必ず解決策はあるはずだ
ということを教えたかったのだと思います。

「下町ロケット」の主人公も同じようなセリフ
を言っていましたね。
父も多分に職人気質の人間だったのでしょう。

ただ
一生懸命になるだけでなく、
深刻になりすぎず、
ちょっと肩の力を抜いてみるのも大事なのだ
ということも教わったような気がします。

今年もいろいろ困難なことがあると思いますが
深刻になりすぎず、前向きに考え続けたいと
思います。




投稿者: 山本歯科診療所