入れ歯

違和感なくぴったり合って、しっかり機能する山本歯科診療所の入れ歯

院長が入れ歯の作成から調整まで全て行います

 

歯をどうしても抜かなければならなくなった時の治療法の一つが入れ歯です。昔は歯科医師が院内で入れ歯を作るのが当たり前でしたが、今ではほとんどのクリニックが技工所に制作を依頼しています。当院では、先代の父から受け継いだ入れ歯制作の技術を活かして、自費の入れ歯は今でも院内で歯科医師がお作りしています。

歯科医師が入れ歯を作るメリット

  • 患者さんのお口の中を処置し、他の歯の状態も見ていますので、よりその方に合った入れ歯をお作りすることができます。
  • 歯型だけではわからない、お顔の形まで考慮した入れ歯をお作りすることができます。
  • 自分で作った入れ歯のため、患者さんのお口に入れて調整する際も、適切な微調整を行うことができます。
  • 修理する際も、的確な調整が可能です。

しっかり噛めて痛くない「使い心地が良い入れ歯」をご希望の方は、ぜひ当院へお越しください。

その方をより魅力的に見せる入れ歯を作りたい

入れ歯はまた、見た目も大切なものです。若々しく自然に見えるということは、その方のクオリティ・オブ・ライフ向上にも大きな力を持っています。

入れ歯に歯を並べるにあたって、お顔の印象に合わせた歯を選ぶことで、印象がずいぶん変わってしまうものなのです。お顔立ちや雰囲気に合わせた入れ歯をお作りするためには、やはりしっかり患者さまとコミュニケーションを取って、その方の魅力を理解することが基本だと考えております。

お口もとのシワやほうれい線が気になり始めた方には、少しだけ厚みを増したものを作ることで、シワを和らげる入れ歯を作成します。歯を並べる際にはその方のお顔立ちや雰囲気の魅力が伝わるように、歯の形や大きさを、充分、吟味して選びます。エステなどに行くより、しっかりはっきり効果が出ると喜んでくださる患者さまも多く、それがまた大きな励みになっています。

こうした細かいニュアンスは、模型を渡して技工士さんに作ってもらう場合には、とても伝えにくいものです。うまく伝えることができないと、装着した時に、お顔の中でどことなくバランスの悪い歯になってしまいます。そのため、当院では院長が自分で入れ歯を作るということに力を入れているのです。

「保険の入れ歯」と「自費の入れ歯」の違い

あらゆる医療行為には、健康保険が適用されるものとそうでないものがあり、特に歯科の場合は使える材料が大きく変わってきます。入れ歯を作る時、保険診療ですとプラスチックの入れ歯になるため、どうしても厚みのある仕上がりとなり、部分入れ歯の場合はお口の中に固定するための金属部品(バネ)が見えてしまいます。

 

一方、自費の入れ歯であれば方法や材質の制限なく、本当にその方にとって良い入れ歯をお作りすることが可能で、例えば金属を使って薄い入れ歯にする、磁石で取り付けやすい入れ歯にする、金属部品を使わずに目立たない入れ歯にする、柔らかい素材で違和感の少ない入れ歯にする…といったことが可能です。さらに、入れ歯制作のために型取りも二段階に分けることで精度が高まりますし、当院の場合、自費の入れ歯はすべて歯科医師である私が責任を持ってお作りしています。

既に入れ歯をお使いの方へ

  • 入れ歯が自分の口に合わない
  • しっかり噛めない
  • すぐに外れてしまう
  • 痛くて使えない
  • 見た目が気になる

そんなお悩みをお持ちの方はいませんか?

入れ歯は作り方や使用する素材、調整のこだわりなどによって、使い心地も見た目も大きく変わるものです。満足していない入れ歯を使い続けているとQOLが低下するだけでなく、他の歯にも悪影響が出ることがあります。現在お使いの入れ歯で少しでも気になることがある方は、まずはお気軽にご相談ください。

なお、他院でお作りになった入れ歯の調整や修理にも対応しておりますので、そちらも併せてご相談いただければと思います。

入れ歯の種類

保険の入れ歯

金属の部品が目立ってしまうのが最大の欠点です。また、厚みがあるため違和感が気になりやすい、壊れやすいといったデメリットがあります。

自費の入れ歯

金属床デンチャー

土台部分(床)に金属を使用しているため、薄くて丈夫な仕上がりになります。また、熱が伝わりやすいため飲み物や食事を美味しく召し上がっていただけます。

マグネットデンチャー

歯の根っこと入れ歯に磁石を埋め込み、その力を利用して装着します。金属の部品(バネ)が表に出ないため、目立ちません。

ナチュラルデンチャー(ノンクラスプデンチャー)

柔らかい樹脂素材を用いた入れ歯で、金属の部品(バネ)は使いません。そのためお口を開けても目立たず、違和感も少なくなります。

コンフォートデンチャー

クッション材であるシリコンを使うことで、強い力でも噛みやすくなります。また、入れ歯が外れにくくなるというメリットもあります。

コンフォート入れ歯

入れ歯製作以外にも…

他院で作った入れ歯の調整や修理も行っています。一から作製を行っているので、違和感のある部分を的確に修正することができます。
老人ホームに入居している方や認知症の方にもご自身の入れ歯ということがわかるように義歯に名前を入れることもできます。完成済みの義歯にも対応可能です。
また、スポーツの際に使用するスポーツ用のマウスガードもお作りしています。極真空手の協力医もしているので、ご興味のある方はご相談ください。

当院には、バネが見えないタイプの入れ歯『ナチュラルデンチャー』もあります。笑った時などに金属が見えないため若々しい印象を保てる特長があります。こちらは例外的に外部で作ってもらう入れ歯ですが、歯を選んで並べる所までは院長が行っています。

基本情報

医院名 山本歯科診療所
住所 〒278-0043 
千葉県野田市清水237−2
TEL 04-7122-3037
診療時間 9:00〜12:00/14:00〜20:00
※火・水・土 9:00〜12:00/14:00〜18:00
休診日 木曜・日曜午後・祝日
最寄り駅 東武アーバンパークライン「清水公園駅」 徒歩7分