一般歯科

できるだけ痛くない治療をこころがけております

当院では表面麻酔を塗って、さらに細い針を使ってゆっくりと麻酔液を入れていくようにして、なるべく痛みの少ない取り組みをしてます

 

治療の際、麻酔の注射が怖いという方は珍しくありません。やはり大人になってもチクッとするあの感覚は、嫌なものですよね。少しでもそういった患者さんの不快感を減らすため、ちょっとした工夫にこらして、だいぶ痛みを軽減できるようにしております。

また、何をされるのかわからないという不安感や緊張も痛みの原因となりますので、今から何をするのかお声がけしながら処置を進めていくことを大切にしています。痛みに対する恐怖感が強い方や他では治療を受けられなかった小さいお子さんも、当院では治療を受けられるようになっております。ぜひお気軽にご相談にいらしてください。

「噛む機能」の精度を追求

虫歯治療で最も重要なのは、きちんと噛めるようにすることです。

 

ただ削って詰めても、その後「歯」として機能しなければ意味がありません。そのため、痛みを取るのはもちろんですが、精度の高い処置をして、正しい噛み合わせができるようにすることも追求しています。

当院は、検査する、削る、型を取る、詰めるといった一連の治療処置をすべて私が責任を持って行いますので、治療の質がブレてしまうことはありませんし、患者さんからも「安心感がある」とご好評いただいております。

歯周病から歯を守る

自分の歯を長く使い続けるためには、虫歯だけでなく歯周病の予防と治療も大切です。近年はメディアでも歯周病のことが取り上げられることが増えてきましたが、まだまだその怖さをご存知ない方もいらっしゃいます。

歯周病は歯の病気ではなく、歯を支えている組織である歯茎や骨の病気ですから、どんなに歯が健康であっても歯周病になると土台から崩れて歯を抜かなければならなくなってしまいます。日本人は虫歯よりも歯周病で歯を失う人の方が多いこともがわかっていますので、普段から歯周病ケアを心がけ、もし少しでも歯周病が進行してしまったら、すぐに治療を受けるようにしましょう。

ホームケアも重要です

歯の健康を守るためには、3ヶ月に一度は歯科医院でスケーリング(歯石除去)をする必要があります。しかし、歯周病は生活習慣病ですので、普段のケアも欠かせません。そのため当院では、歯磨きの仕方やフロスの使い方についてアドバイスさせていただいており、毎日のケアの質を高めていただくようにしています。

また、マウスピースを使った歯周病ケアも実施しています。これは、お薬をつけたマウスピースを歯に装着することで、歯周病菌を除菌するための方法で、予防にも治療にも使用できます。本来は予防として実施することで歯周病にならないようにするのがベストですが、もし歯茎が腫れて歯がグラグラの状態になってしまった場合でも、抜歯の可能性を減らすために使用することがあります。また、糖尿病と歯周病は非常に強い関連性があることが知られていますが、このマウスピースを使った治療によって、糖尿病の数値まで改善されたという方もいらっしゃいます。 

基本情報

医院名 山本歯科診療所
住所 〒278-0043 
千葉県野田市清水237−2
TEL 04-7122-3037
診療時間 9:00〜12:00/14:00〜20:00
※火・水・土 9:00〜12:00/14:00〜18:00
休診日 木曜・日曜午後・祝日
最寄り駅 東武アーバンパークライン「清水公園駅」 徒歩7分