園子先生のひとり言

2019.05.20更新

相変わらず、ねっとり系焼き芋にはまっていまして、いろいろ試行錯誤を繰り返してかなりイイ感じに作れるようになったので(自画自賛ihi)レシピをご紹介します!

 

用意するもの  ホットプレート(BRUNO)とさつまいも

準備      さつまいもは紅はるかがおすすめです。火が通りやすいように小さめ、

        細めのものを選びます。

        周囲に黒い汚れのようなものが付いていることがありますが、

        それは芋の蜜なので問題ありません。

        かえって美味しい焼き芋になります。

        買って来たら、新聞紙に包んで何日か置いて熟成させると甘みが増します。

        収穫されて店頭に並ぶまでどの程度日数が経っているかで違うので

        何日熟成させるのがベストかはわからないのですが、

        あまり放っておくと芋が痛んでしまいます。

        2,3日から1週間といったところでしょうか。

調理      熟成させた芋を水洗いしてホットプレートにそのまま並べます。

           

       焼き芋

        蓋をしてホットプレートの火加減をLOWにします。

        あとはそのまま、時々芋の向きを変え2~3時間放置

        指で触って芯がなくなるくらいに柔らかくなったら出来上がりです!

        (熱いので火傷しないように)

        焼き芋

出来立てアツアツも美味しいですが、冷蔵庫で冷やしても、また冷凍しても美味しいのでいつもまとめて作っています。

最近は、クリームチーズを塗って朝食に食べたりしています。

温度管理が出来て、蓋付きなら他のホットプレートでも大丈夫だと思います。

ほったらかしでいいので簡単です。(時間はかかりますが)  お試しくださいnico

 

 

投稿者: 山本歯科診療所