園子先生のひとり言

2014.06.24更新

せっかく健康診断を受けても、出てきた数値が
正常なのかどうかの基準値が変わってしまう
のは、やはり困りますよねwobbly

私は毎年人間ドックを受け、ほとんどA評価
なので健康note・・のつもりでいますが、雑誌で
こんな特集が組まれたりすると心配になります。


そんな時、抗加齢医療についての講演を聞く
機会がありました。
抗加齢=アンチエイジングと聞くと、美容の
イメージがありますが
「老化のスピードを遅くして、老化による障害
を少なくする」という、健康寿命を延ばした
方に(私もです)ぴったりの分野の医療です。

普通の血液検査よりずっと多くの項目を調べ
不足している栄養素やホルモンを補ったり、
毛髪検査で体内にため込んでしまっている
有害金属を見つけ排出させるようにして身体
の不調を取り除く、そんな医療なのだそうです。

そんな検査、アンチエイジングドックはまだ
受けられる病院も限られていますが一度
受けてみたいものだと思いましたhappy01

投稿者: 山本歯科診療所

2014.06.05更新

いままで、このブログで健康長寿(ピンコロ)
を目指しましょうsign01ということで厚生労働省の
定めた「健康日本21」について私なりの解説
を(なかなか進みませんがsweat01)試みてきました
が、その健康の基準値が変わるかも知れない
というお話です。

日本人間ドック学会と健康保険組合連合会が
2011年に人間ドックを受診した人の中から約
1万人の「健康な人」(超健康人)を選んでそ
の人たちの検査値を発表しました。

今後、その超健康人を追跡調査して新たな
基準の設定を検討したい、ということなんだ
そうです。

なぜこのタイミングでの発表なのでしょうか??

例えば、血圧は
今の特定健診では、上が130以上で他の検査
項目にも基準をはずれたものがあると要指導
になります。

しかし、今回の超健康人の検査値は
上88~147となっています。
この数字、基準値ではなく検査値だというのが
ポイントです。

超健康人の追跡調査が終わるまでは、おそ
らく基準値は上130のままでしょうが、例えば
いま上145ぐらいの人・・悩みますよね。

おそらく、今までだったら高血圧です、降圧剤
飲みましょうと言われた人もちょっと様子見ま
しょうとなる可能性が高いです。

そうなると・・
医療費削減につながるのかあflair
と思ったのは私だけではないはずsmile

投稿者: 山本歯科診療所

2014.06.02更新

5月9,12日は学校健診でした。
私は北部小学校の担当です。

北部小は、創立140年のとても歴史のある
学校で父の代から学校医を担当させていた
だいています。

一時期児童数の少なかったことがあり、
一学年10名足らず・・などということもありま
したが、今は児童数もかなり増え運動場が
手狭になってしまって、とのことでした。

廊下ですれ違うと、「こんにちは」とか「Hallo!」
と元気にあいさつしてくれますhappy01

子供たちの虫歯は、昔と比べるとかなり減って
きているようです。
しかし、健診では1人1分ぐらいの時間で診な
ければならないので、小さな虫歯を見落として
しまう場合も正直ありますcoldsweats01

ですから、虫歯なし と言われた場合でも
1年に一回位は歯医者に行ってもうちょっと
詳しく検査してもらうといいと思います。

歯石のついている子もいましたので、歯磨き
の指導をうけるのもいいですね。

投稿者: 山本歯科診療所