園子先生のひとり言

2017.04.15更新

このところ、身の回りで"除菌”とか”抗菌”とか「菌」という字をやたらと目にするような気がします。

食器、衣類、家具等々・・先日買ったスーツケースも持ち手に抗菌加工がされています。

 

実際に目に見えないだけで、私たちの周囲には無数の「細菌」が常に存在しています。

それだけでなく、私達の体にもたくさんの「細菌」が住み着いています。

口の中にはおよそ1000億個、皮膚表面にはおよそ100万個、そして腸の中にはなんと100兆個もの細菌が常在しているといいます。

ヒトの体を構成する細胞の数が全部で約60兆個なので、その数より多いということはある意味私達は細菌で出来ているともいえます。

 

腸内フローラとか口内フローラ(フローラ=お花畑)なんておしゃれな呼び方が流行っていますが、それはたまたま腸や口の中の細菌を染色してみたらお花畑みたいにきれいに色分けされただけで、実際は丸いのや線状の細菌がうじゃうじゃいるわけですgan

 

しかし、もともと母親の子宮の中に細菌はいないので胎児の時期は無菌的に育ちます。

それが、生まれ落ちた瞬間、もっと言えば子宮を出て産道を通った瞬間から様々な細菌を「獲得」していくことになります。 

そして、獲得した様々な細菌がフローラとして「定着」するのに口の中では3年ほどかかり、一度定着した細菌の割合はその後ほとんど変わらないのだというようなことをはるか昔(笑)大学の講義で習いました。だから、生後3年位まで口の中の環境を整えておくことが非常に大切だということでした。

 

口の中で3年ですから、腸の中もだいたい同じくらいなのではないでしょうか。

まさに「三つ子の魂百まで」ということですねni

 

ですから、特に3歳くらいまでは、体によいいわゆる「善玉菌」は積極的に取り入れて、体に悪いとされる「悪玉菌」はなるべく排除する、というのが正しい菌活のように思えます・・

 

しかし、無数の細菌のうちどれが善玉でどれが悪玉かまだまだ分かっていない部分も多く、悪玉菌と接してそれを排除することによって「免疫機能」の獲得も行われるので、何でもかんでも除菌だ抗菌だとするのも必ずしも良いことでもないようです。

幼少期に指しゃぶりをした子供のほうが丈夫に育つ、ということも聞きますが、指から雑菌に触れるということで免疫力がアップするわけです。

 

また、フローラの中でも善玉だけでなく悪玉も存在することで善玉の機能がより発揮されるということもあるようです。人間社会と同じですね・・

 

まだまだ未知の部分が多い「細菌」の世界。大人になってしまってからフローラを作り変えることは難しいようですが、善玉菌の活動性をアップする食べ物などを積極的に摂ることは効果があります。継続しないとダメですけど・・

 

そのうち、健康長寿のお年寄りの腸内フローラ入りの赤ちゃん用ミルクなんかができそうな気がしますihi

 

長くなってしまったので、もうちょっと具体的な菌活についてはまた改めて書いて見ようと思います。

↓菌とは関係ありませんが、フローラつながりで清水公園の満開の桜の写真ですflower

お花見に行きそびれた方、どうぞnico

清水公園 桜

 

投稿者: 山本歯科診療所

2017.04.06更新

診療所玄関に置いてあるクンシランが見事に咲きました。

クンシラン

2年位前に株分けをしてもらったら、その後花がつかなくなってしまい心配していたのですが、今年はきれいに咲いてくれましたflower

自宅の玄関に置いてある親株の方も大きなつぼみがついてまもなく咲きそうです。

左の鉢の根元のカネノナルキも元気です。

 

クンシランの花言葉は「高貴」「誠実」。

満開の花をつけているそのたたずまいは、そんな花言葉がぴったりです。

そのわきに、「一攫千金」「富」「幸運を招く」「不老長寿」が花言葉のカネノナルキ・・・

なんだか植え替えるのが惜しくなるような最強のコラボレーションだと思いませんかnico

 

投稿者: 山本歯科診療所

2017.03.26更新

診療室に、電解水を利用した空間除菌・消臭用の超音波噴霧器を設置しました。

超音波噴霧器

使用している「電解水」は、純度の高い「塩水」を原料とした次亜塩素酸イオンと次亜塩素酸です。

衣類や食器の漂白剤として使われているハイターのような次亜塩素酸ナトリウムとは違うもので(臭いは似ていますが)、薬品は一切含まれていません。

ですが、除菌力はこの次亜塩素酸ナトリウムとほぼ同レベルということなので安心・安全な院内感染予防対策として取り入れることにしました。

薬品ではないので、歯ブラシや入れ歯の除菌、食器やまな板の除菌にも使うことができます。他にもいろいろな用途が考えられそうです。

 

 

 

 

投稿者: 山本歯科診療所

2017.03.10更新

カネノナルキ(金のなる木)、何とも縁起のよさそうなglitter2ネーミング(笑)の木(実は多肉植物なんだそう)ですが、診療所の玄関に置いていたその鉢植えを去年枯らしてしまい少々落ち込んでいましたnnn

ところが、数か月前から同じく玄関に置いてあるクンシランの鉢植えの根元に見たことのある丸い葉っぱが・・・

なんと、クンシランの鉢に落ちたカネノナルキの葉が自然に根付いたようなのですleaf

カネノナルキ

これは嬉しいnote

なんだかいいことがありそうじゃないですかnico

もともとは丈夫で、挿し木などでも増やすことができるのだそうです。

今年は、クンシランにも花芽がついてまもなく咲きそうflowerなので花が終わったら植え替えてあげようかと考えています。

 

上手に世話すると花も咲くのだそうです。楽しみです。

ちなみにカネノナルキの花言葉は「一攫千金」、「富」、「幸運を招く」、「不老長寿」だそうです。

 

今度は枯らさないようにせねば・・ihi

 

投稿者: 山本歯科診療所

2017.02.23更新

果物はなんでも好きですが、ちょうど今が旬の伊予柑には特別な思いがあります。

 

以前にも書きましたが、大学に入った年の冬に風邪をこじらせてウイルス性脳炎になり生死の境をさまよったことがあります。

その時、付き添って看病してくれたのは、体があまり丈夫でなかった母ではなく父でした。

入院して10日ほどで意識が戻ったのですが、その時まず目に入ったのが真っ白な天井、真っ白な壁と窓の外の真っ白な雪景色、そしてベッドのわきに座っていた父でした。

自分がどこにいるのか、なぜベッドに横たわっているのか、なぜここに父がいるのか事態が呑み込めずに辺りを見回していると、窓辺に置かれた伊予柑に目が止まりました。

気づいた父が、「食べるか?」と言って皮をむいて食べさせてくれました。

部屋中が伊予柑の匂いでいっぱいになり、食べやすいように丁寧に薄皮までむいてくれた実はジューシーでとても美味しく感じました。

意識が戻った直後は、脳の機能が低下していて記憶も途切れ途切れなのですが、この時の伊予柑の匂いと味は鮮明に覚えています。

 

その後、1か月半ほどで無事に退院し、後遺症もなく現在に至っているわけですが、今でも毎年伊予柑を手にするとその時のことを思い出し、こうして元気に過ごせていることの有難さ、仕事を休んでずっと付き添ってくれた父への感謝の念など様々な思いがよぎります。

 

せっかく助かったこの命を粗末にせず、精一杯頑張ろうという気持ちになりますnico

伊予柑

 

投稿者: 山本歯科診療所

2017.02.06更新

入れ歯でステーキ? 変わったタイトルですが、当院でもお取り扱いさせていただいている「痛くない、柔らかい」入れ歯、コンフォートとステーキのお店「いきなり!ステーキ」の期間限定コラボ企画です。

入れ歯でステーキ

期間中に(3月31日まで)コンフォートをご注文いただきキャンペーンに申し込むと、「いきなり!ステーキ」さんで使える「肉マイレージカード」がもらえます笑う

 

虫歯や歯周病で咬む力が衰えてしまうと、以前は平気で美味しく食べられていたものがだんだん食べられなくなってしまいますshun

特に、入れ歯をご使用の方で、食べたいものが食べられないと訴える方は多く、「外食ができない」「家族と同じものが食べられない」とのお声もよく耳にします。

そういった方々が、少しでも悩みを解消して美味しく食事を楽しめるように・・との思いで組まれた企画です。

 

まあ「ステーキ」というのは、あくまで入れ歯では食べにくい食材の象徴的な一例ではありますが・・

実際に、入れ歯をお使いの患者さんに「何が食べられるようになりたいですか?」とおたずねすると、「漬物」や「生野菜」というお答えが多いです。「落花生」「きゅうり」などというのもありました。

 

年を取り、筋肉の衰えを防ぐためには、動物性たんぱく質を摂ることも大切です。野菜や漬物だけでなく、お肉も美味しく食べられるように少しでもお手伝いができればいいなと思います。

 

コンフォートについてはこちら

http://www.yamamoto-dental-clinic.com/dentures/

投稿者: 山本歯科診療所

2017.01.08更新

「ホリエモン」こと堀江貴文氏がこんな本を出しています。

むだ死にしない技術

ライブドアのCEOだった頃ほどの勢いはない?ものの現在もいろいろと発信しているようです。

 

もともと物事を効率化、合理化する能力にたけた方なので、「やりたい事がたくさんある」→「長生きしたい」→「医療関係の情報を共有したい」ということで医療関係者と接触し、「大事なのは治療より予防だ」ということに気づき、「予防医療普及委員会」を立ち上げたんだそうです。シンプルだし行動力ありますよね。

 

そして、この本の第4章が「むだ死にしたくなければ、歯医者に行け」。

虫歯や歯周病が、細菌感染症であり全身の健康と深く関わっている、だから定期健診で予防しよう、というようなことが書かれています。

 

よくぞ書いてくださいました、という感じです笑う

歯科医療関係者が書くよりインパクトがあるかもしれません。

 

ただ・・

堀江氏のキャラ、なんでしょうけど、こういう歯に衣着せぬ的な物言いだと正論言ってても反感持たれたりしないんだろうか・・などと老婆心ながら心配してしまいます(笑)

金と地位を得たものが者が次に欲するのは「不老不死」なのは、秦の始皇帝の時代から変わらないしねぇ・・なんてひがまれませんように。

 

 

投稿者: 山本歯科診療所

2017.01.01更新

あけましておめでとうございますbird

昨年2016年は、おかげさまで公私ともに大変充実した一年でした。今年も昨年以上に仕事にも仕事以外にも全力投球できるようがんばりますnico

 

さて、当院の診察室に毎年飾っている干支の置物をご覧になった方も多いと思うのですが、今年の「酉」でとうとう十二支が全部揃いましたnote2

十二支置物

某クリスタルブランドの毎年数量限定で出されるもので、途中品切れになってしまって手に入らない年があったりしたので、なんと!24年かけてのコンプリートですnico

縁起物の干支の置物が全部揃ったということで、今年はいい事がありそうstar・・かな?

でも・・嬉しい反面、集め終わってしまって来年はどうしましょう・・多分2周目はない、と思いますがつい探してしまいそうですehe

 

投稿者: 山本歯科診療所

2016.12.18更新

口角炎・・口の角が傷になって大きな口を開けたりあくびをするとピッと切れて血がにじんだりして結構うっとうしいものですun

患者さんでも時々みかけますが、私自身はいままでできたことがありませんでした。

それが・・2ヶ月ほど前いきなり左右両方の口角が切れてしまい治りかけたかと思うとまた切れ・・、という状態を繰り返すようになってしまいました汗

いったいなぜ❓と思い、口角炎についていろいろ調べてみましたpencil1

原因として、

・胃が弱っている

・ビタミンB類や鉄分の欠乏  

などがよく言われますが、その他にも

・カンジダ等の真菌感染

・ブドウ球菌等の細菌感染

・乾燥

・薬剤、化粧品などの影響

・ストレス、疲労

・アトピー性皮膚炎

・食べ物等の接触性皮膚炎

などが考えられるそうです。

なかでも1番多いのが、カンジダ等の真菌感染によるものらしいです。

 

カンジダ菌とは、もともと人の口、消化管、膣に生息しているもので普段は他のいろいろな菌と共存して「常在菌叢」を形成しています。

(最近よく聞く、腸内フローラとか口内フローラとはこのことです・・おしゃれな名前になっちゃいましたがflower

この常在菌叢のバランスがなんらかの原因で崩れると、普段はおとなしいカンジダ菌が暴れだしてこの口角炎のような症状を引き起こすわけです。

 

 そういえば・・昔、カンジダ膣炎にかかったことがあり治療をうけたとき看護師さんに「あまり石鹸などで洗いすぎるのも菌のバランスを崩すのでよくない」と言われたのを思い出しました。

 

それで、もしかしたらlight bulbと思い・・口角炎になる少し前から使っていた、サンプルとして送られてきた〇〇〇リンの液体歯磨きの使用を止めたところ、症状が治まったのですglitter

歯の表面がツルツルして気持ちよかったので毎食後使っていたのですが、どうもこれで私の口腔常在菌叢のバランスが崩れてしまった可能性が高いです。

 

これは、〇〇〇リンが悪いということではなくて。口腔常在菌に影響があるくらい薬理効果が高いということです。

しかし、私のような症状が出た場合には使い方を加減したほうがいいでしょう。

あとで、〇〇〇リンの担当の方から、「辛さがきつい場合は2倍程度に薄めて使っていただいても効果は変わりません」との連絡もありましたので、上手に使って虫歯、歯周病予防に役立てたいですtooth

 

口角炎に悩んでいる方、お使いの歯磨き粉などをチェックしてみるのもいいかもしれません。

 

 

 

 

投稿者: 山本歯科診療所

2016.10.26更新

今後とも宜しくお願い致します!

投稿者: 山本歯科診療所

前へ 前へ

SEARCH

CATEGORY